上達につなげるための卓球の動画の見方!!

こんにちは!

Lili卓球スタジオの佐藤です!

最近健康のために水をたくさん飲むようにしています!

そのおかげか少しお肌にハリが出てきた気がします笑

お茶だと利尿作用があり水分が体内から排出されやすいので

ちゃんとしたであることが大切だそうですよ!

 

さて、今回は卓球の動画の見方についてお話しようと思います!

昨今はYouTubeなどに卓球の動画がありふれていますよね!

国際試合がライブ配信されているだけでなく、

プロ選手が自分のチャンネルで動画を投稿することも珍しくなくなってきました。

卓球が大好きな皆さんもよく卓球の動画を見ているのではないでしょうか?

私もプロ選手の練習動画などを見るのが大好きです!

皆さんが卓球の動画を見るのは、

「卓球が上達したい」

「上手い選手のこのプレーができるようになりたい」

こういった理由があるからではないでしょうか?

しかし、卓球の動画を見るにしても

ただ漠然と見るだけなのか、何かを意識して見るのかでは

上達へのスピードに大きく違いが出てきます!

そこで今回は、上達するためにはどういったことに注目しながら動画を見るべきなのか、

また、どのような動画を見るべきなのかを

私が普段意識していることを踏まえて3つご紹介したいと思います!

 

①体とラケットの位置関係に注目して見よう!

 

私は、お手本にしたい選手の動画を見る際に、

体とラケットの位置関係に注目して見ています!

例えば、ある選手のサーブを真似したいと思っていたとしましょう。

その時に

「手先でどのようにボールを擦っているのか」

というところばかりに着目してしまいがちですが、

私は、

「ラケットは体のどの部分に近いところで打球しているのか」

など打球する位置が体のどこに近いところなのかを意識しています。

さらに細かく言うと、

腰の高さや上半身の傾き、膝の曲げ具合などが卓球台に対して

どのようになっているかを見るようにしています。

体の部位や卓球台を基準として打球する位置を見ることで

自分が実際に練習で真似をする際の基準を作ることができるというメリットがあります!

また、このように自分が動画の選手を真似をしたいと思った時に、

動画のアングルが重要になってきます。

オススメなのは選手と同じ目線の高さのアングルで撮影された動画です!

テレビで放送されているような上からのアングルだと、

ラケットと体の位置関係であったり台との距離感などが分かりづらいため、

それだけを見て真似をすることは難しいです。

選手と同じ目線の映像であれば自分が真似をする際にとても参考になります!

私はよくYouTubeで

”卓球 練習””Table tennis training”と検索しています!

そうするとトップ選手と同じ目線のアングルで練習している動画がたくさんヒットしますよ!

 

②動きの速さを自分と比較しよう!

 

上手い選手の動画を見るだけでなく、

自分の練習や試合の動画を撮影して見る方もいらっしゃると思います。

その際に一度注目してみて欲しいのが、

単純に動きの速さです。

お手本の動画と自分の動画を比べて見た時に、

フォームの違いなどに目が行きがちですが、

動く速さに大きく違いがある場合が多いです!

例えば、私はカットマンなのでカットマンの動画をよく見るのですが、

ツッツキをしてから下がってカットに移るまでの前後の動きの速さに注目して

自分とお手本を見比べてみると意外と自分の動きが遅いことに気付いたりします。

私なりの考えですが、トップ選手はどんな速い動きでも

苦しくなさそうに動いているように見えるので、

自分が真似をして動く時も苦しくない範囲で動くイメージになってしまい

実際の動きが遅くなりやすいのかなと思っています。

でも実際にトップ選手と同じ速さの動きをしようとすると苦しいのです!笑

そのことを頭に入れた上で、今一度お手本の動きと自分の動きを比較して見ましょう!!

 

③ボールの待ち方が大切!!

 

最後はボールの待ち方です!

具体的にどういうことかと言うと、

選手がボールを打って返ってくるまでの間、

どのように待っているかということです。

卓球の動画ってどうしても飛び交うボールと

それを打っている選手ばかりに目が行ってしまいますよね。

しかし、ボールを打ってない時間にこそ上級者と初中級者の違いが現れます!!

例えば、お手本にしたい選手がフォアから相手のバックにドライブを打ったとしましょう。

ドライブを打った時の立ち位置はフォア寄りになっていますが、

相手のバックにボールを送ったので次に返ってくるボールはバック側になる可能性が高くなります。

その時に立ち位置がフォアからバック側に動いてクロス待ちをしているか

というように、次のボールに対してどういう待ち方をしているのかを注目して見ると

様々な発見ができるかもしれませんよ!

上手い選手ほど自分の打ったボールの質やコースによって自然と待つ場所を変えることができるため、

少ない動きでボールに近づき、余裕を持って打球することができます。

「プロ選手はあんまり動いていないように見えるのに、

自分の動画を見るとどうしてもドタバタ動いているように見える、、、。」

そういう場合はボールの待ち方に違いがある可能性が高いので

一度意識してみて見てください!!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

普段動画を見ているときに意識していることはありましたか?

今回お伝えしたこと以外にも意識することで新しく気付けることはたくさんあります。

「気付き」は上達への大きな近道です!

このブログが、皆さんが動画を見るときの「気付き」のヒントになれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました!!

関連記事

  1. 【上手い≠試合で勝てる】意識の差から生まれるプレースタイルの…

  2. 練習では入るのに試合になると入らなくなる原因とは!

  3. ミヤマガ 第2回「カット打ちが楽になるコツとは!? 後編」

  4. 【新コーチ情報公開 第2弾】新コーチの名前は?戦型は?

  5. 新コーチ高橋の自己紹介!

  6. 新コーチ福永友梨の自己紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。