ミヤマガ 第9回「調子が悪い時の考え方」

こんにちは!
Lili卓球スタジオの宮城です!

こちらは僕がLili卓球スタジオの会員様限定で、
メールにて定期配信している「ミヤマガ」
バックナンバーになります。

卓球の上達に必要な考え方、試合戦術、ワンポイントアドバイスなど
「卓人にとって役立つ情報」に加えて、
沖縄から東京にやってきた僕の日常の出来事など、
読んでくださる方が楽しめる内容も書いていければと思っています!

ブログで公開していく「ミヤマガ」は最新のものではないので
「最新のミヤマガを読みたい!」と思ってくださる方がいましたら
Lili卓球スタジオの予約サイトの会員登録をして頂き、
「店舗からのお知らせメール」を「希望する」にしてもらえれば今後配信されるようになります!

会員登録はもちろん無料です!

会員登録はこちら

「ミヤマガ」は毎週月曜・金曜配信です!

ミヤマガ 第6回「レベルアップの近道とは!? Part1」

※以下の文章は2020年8月3日に配信された内容になります※

本日のダジャレこの刀、また買ったな?

梅雨が明け、本格的に夏が始まりましたね!
しかし、暑いと湿気もあるので、
いつもならしないミスが出て
調子が悪くなってしまう方もいるのではないでしょうか?

ということで今日は
「調子が悪い時の考え方」
について書いていきたいと思います!

調子が悪いまま本番の試合を迎えてしまうことは
誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?

また、勝負を諦めたり
やる気が無いまま試合をすることは
その後の成長には繋がりません。

調子が悪いと最低限のプレーしかできないことが多いですが、
そのような中で試合をすることが、
自分の卓球の基礎レベルをあげることにつながるのです!

また、調子が悪い時は「できるプレー」が限られてきます。

例えば、ドライブしかできない状態だとしたら、
「先に攻めるにはどこにサーブを出すと良いのか?」
「3球目を攻めやすくするにはどんなサーブがいいのか?」
「台から出たサーブを見逃さないようにして、先に攻めよう!」
と自然と考えるはずです!!

このように「考えること」が大切なのですが、
調子が悪い時だけではなく、
普段の練習から考える癖をつけるようにしましょう!

みなさん、普段の練習は相手のボールを
ただ打ち返すだけになっていませんか?

そこで!

考える癖をつけることができる練習を紹介します!
それは「条件付きゲーム」です!

「条件付きゲーム」とは、「フォア前にしかサーブを出さない」
「1セットの中に必ず○回以上バックに打つ」と
お互いにプレーの中に条件をつけるのです!

こうやって制限をつけることで
ラリーの展開を予測しながらプレーをすることになり
結果として、レベルアップに繋がるのです!

みなさんも一度「条件付きゲーム」を
取り入れてみてください!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

>>「ミヤマガ」一覧<<

宮城コーチのご予約はこちら

宮城コーチ関連コンテンツ


宮城コーチ紹介ページ

宮城コーチの巻き込みサーブ!

宮城コーチによるフォアカットのコツ!

宮城コーチによるバックカットのコツ!

>>関連コンテンツをさらに見る

宮城コーチのご予約はこちら

関連記事

  1. サーブの重要性について

  2. 高橋コーチが考える試合前のメンタルについて

  3. 考え方の話 〜下回転サーブをミスする人が陥りがちなこととは!…

  4. ミヤマガ 第3回「実は全国大会に出たことあるんです!前編」

  5. 新コーチ長尾梨香の自己紹介!

  6. Funtable×Funball×Lili 合同座談会 カッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。