ミヤマガ 第8回「自分の練習をする上で意識していること」

こんにちは!
Lili卓球スタジオの宮城です!

こちらは僕がLili卓球スタジオの会員様限定で、
メールにて定期配信している「ミヤマガ」
バックナンバーになります。

卓球の上達に必要な考え方、試合戦術、ワンポイントアドバイスなど
「卓人にとって役立つ情報」に加えて、
沖縄から東京にやってきた僕の日常の出来事など、
読んでくださる方が楽しめる内容も書いていければと思っています!

ブログで公開していく「ミヤマガ」は最新のものではないので
「最新のミヤマガを読みたい!」と思ってくださる方がいましたら
Lili卓球スタジオの予約サイトの会員登録をして頂き、
「店舗からのお知らせメール」を「希望する」にしてもらえれば今後配信されるようになります!

会員登録はもちろん無料です!

会員登録はこちら

「ミヤマガ」は毎週月曜・金曜配信です!

ミヤマガ 第6回「レベルアップの近道とは!? Part1」

※以下の文章は2020年7月31日に配信された内容になります※

本日のダジャレオットセイを下に落っとせー!

定期的に自分の練習もしているのですが、
この前、東京に来て初めて
広い体育館で練習してきました!

広い体育館だと思う存分動けるので、
カットマンとしては練習が楽しいですね!

ということで、第8回目の今日は
「自分の練習をする上で意識していること」について
書いていきたいと思います!

僕が意識していることは
「実戦を意識して練習すること」です!

例えばサーブを出して相手のツッツキを
3球目で打つ練習をする時に、
最初に出すサーブが台から出ていたら、
ツッツキが返ってこないですよね?

でもほとんどの人は練習をする時に
そこまで細かく意識していないのではないでしょうか?

僕も卓球をやり始めた頃は全く意識できていませんでした。。。

練習会場などで上級者の練習を見ていると
指定されているコースに返球しながらも、
そのコースからズレたり
甘いボールが来るとすかさず攻めにいき、
オール対オールの練習をする場面を目の当たりにして、
普段の自分の練習にも取り入れるようになりました。

このような意識で練習を続けていたのですが、
最初は逆を突かれるとすぐにミスをしてしまい
ラリーにすらなりませんでした。
しかし、まずは繋いで入れることを重視し
高くなってもいいので、
返すことを心がけていくと少しずつですが、
逆をつかれたボールも無理せず繋いで
反応できるようになり、
ラリーまで持ち込めるようになりました!

この意識で練習をした結果、
試合でも逆を突かれたボールに対応できるようになり、
カットマンとしての粘り強さも出てきました!

このようにただ決められたメニューを
その通りにこなすのではなく、
より実戦を想定して甘いボールが来たら打ち込んだり
サーブが台から出ていたりしたら、
積極的に攻めにいく癖を
練習の時からつけていきましょう!

練習からこのような意識で取り組むことで
試合でも使える技術に進化していくのです!

みなさんも
今一度自分の練習を振り返ってみてください!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

>>「ミヤマガ」一覧<<

宮城コーチのご予約はこちら

宮城コーチ関連コンテンツ


宮城コーチ紹介ページ

宮城コーチの巻き込みサーブ!

宮城コーチによるフォアカットのコツ!

宮城コーチによるバックカットのコツ!

>>関連コンテンツをさらに見る

宮城コーチのご予約はこちら

関連記事

  1. 私が練習で意識していること!!

  2. Funtable×Funball×Lili 合同座談会 カッ…

  3. ~宮城コーチの使用用具とこだわりの紹介~

  4. 宮城コーチの巻き込みサーブ!

  5. 怪我との付き合い方!

  6. ミヤマガ 第9回「調子が悪い時の考え方」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。