ミヤマガ 第4回「実は全国大会に出たことあるんです!後編」

こんにちは!
Lili卓球スタジオの宮城です!

こちらは僕がLili卓球スタジオの会員様限定で、
メールにて定期配信している「ミヤマガ」
バックナンバーになります。

卓球の上達に必要な考え方、試合戦術、ワンポイントアドバイスなど
「卓人にとって役立つ情報」に加えて、
沖縄から東京にやってきた僕の日常の出来事など、
読んでくださる方が楽しめる内容も書いていければと思っています!

ブログで公開していく「ミヤマガ」は最新のものではないので
「最新のミヤマガを読みたい!」と思ってくださる方がいましたら
Lili卓球スタジオの予約サイトの会員登録をして頂き、
「店舗からのお知らせメール」を「希望する」にしてもらえれば今後配信されるようになります!

会員登録はもちろん無料です!

会員登録はこちら

「ミヤマガ」は毎週月曜・金曜配信です!

ミヤマガ 第4回「実は全国大会に出たことあるんです!後編」

※以下の文章は2020年7月17日に配信された内容になります※

本日のダジャレこのタイマー、押した今?

第4回の今日は前回の続きになり、
全国大会の試合で勝てた要因としてあげた、
「サーブに特化すること」について
書いていきたいと思います!

全国高校選抜大会では、
予選リーグの2試合を勝ち抜き、
決勝トーナメントの一回戦で敗退となり
ベスト16という結果でした。
試合をした3人は全員初対戦だったため
相手の戦型や得意な技術、苦手技術など
ほとんどの情報がないまま
試合をすることになりました。

このように相手の情報が無いまま試合をするのは
全国大会だけに限ったことではなく、
街のオープン大会でもよくありますよね!

さらに、初対戦の相手と
試合をする時に手を焼くのは
「相手のサーブ」ではないでしょうか?

みなさんも「サーブが取れなくて負けた」
という苦い思い出もあるはずです。。。

僕はあります(笑)

ということは
「サーブ力」を磨けば
得点に繋がりやすいんです!

僕はこのような考え方のもと
高校時代はひたすらサーブ練習していました。
このサーブ練習の時には、
「サーブの長さが長くなってもいいので
回転量を上げる」ということを意識して
練習をしていました。
この意識で練習をしたおかげで、
相手が強いレシーブをすることができなくなり
カットや攻撃の展開に持ち込みやすくなりました。

こうして迎えた全国大会では
サービスエースも多かったですし、
サービスエースを取れなくても
その後の展開を有利に進めることができたので、
ベスト16まで勝ち上がることができました。

僕はこの全国大会を経験して
「サーブで点を取りにいく大切さ」ではなく、
「サーブで点を取りにいくと、
その後のプレーにどう影響するのか?」
ということを学ぶことができました。

どのように影響するのかというと
「サーブが効く→3球目を攻めれる
→得点につながる→自信につながる!」ということです!
サーブが効くといつも以上に3球目を攻めにいくことができるので、
点を取ることができます。

そして、点を取れたことによって自信がつき、
その後のプレーにも良い影響を与えることができるのです!

実際に全国大会の試合では、
サービスエースや3球目で点数を取ることができたので
常に点数をリードしながら試合を進めることができ、
メンタルの余裕も出てきて楽しくプレーすることができ、
試合にも勝つことができました!

このようにサーブに特化することによって
楽に点が取れるようになるだけではなく、
その後のプレーやメンタルにも良い影響を与え、
試合に勝ちやすくなるのです!

試合で思い通りに攻められない、
点数が取れないという方は、
ぜひ一度サーブを鍛えてみてください!

今までのサーブを強化するのも良し!
新なサーブに挑戦するのも良しです!

ちなみに僕は「巻き込みサーブ」が得意なので、
巻き込みサーブを習得したい方、
レッスンのご予約お待ちしてます!

今回は少し長い内容でしたが、
最後までお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!!

>>「ミヤマガ」一覧<<

宮城コーチのご予約はこちら

宮城コーチ関連コンテンツ


宮城コーチ紹介ページ

宮城コーチの巻き込みサーブ!

宮城コーチによるフォアカットのコツ!

宮城コーチによるバックカットのコツ!

>>関連コンテンツをさらに見る

宮城コーチのご予約はこちら

関連記事

  1. 【新コーチ情報公開 第2弾】新コーチの名前は?戦型は?

  2. ミヤマガ 第3回「実は全国大会に出たことあるんです!前編」

  3. 子供連れでも安心して遊べる場所!

  4. サーブの重要性について

  5. ミヤマガ 第8回「自分の練習をする上で意識していること」

  6. 気にしたことありますか?ラケットの重さ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。