考え方の話 〜下回転サーブをミスする人が陥りがちなこととは!?〜

こんにちは!
Lili卓球スタジオの佐藤です!

 

最近大会が中止や延期になったりしてモチベーションを保つのが難しいですね、、、

思い切り試合ができる日が来るのが待ち遠しいです!

 

さて、今日は少しサーブに関するお話をしたいと思います。

僕がレッスンをさせていただいてる中で、

下回転のショートサーブを正確に短く相手コートに出せないという方がいらっしゃいます。

バウンドが高くなってしまったり、

長くなってしまったり、

短すぎて相手コートに届かないというミスもよく目にします。

そういった方々には共通して陥っている

”あること”

があるのです!!

そのことを指摘しただけでも正確に下回転のサーブを短く出せるようになった方もいらっしゃいます!

ちなみに今回はあくまで比較的出すのが難しい下回転のショートサーブに焦点を絞っていますが、

どのサーブにも共通することです!

ちょっとしたことですが、少しの考え方の違いで変わることもあるので

サーブで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

どうしてサーブを正確に出せないのか?

 

まず、下回転のショートサーブを正確に出せないのはなぜか。

それに対する僕なりの答えはズバリ、、、

 

”第1バウンド以降を意識してしまっている”

ということです。

『どういうこと??』って思った方もいらっしゃるかもしれませんね笑

具体的に説明しますと、

サーブを出す際のボールの軌道をイメージするときに、

第2バウンド目に相手コートに着いた時のイメージが強すぎてしまうと

自分では意識していないつもりでも変にボールを相手コートに送ろうとしてしまい、

本来とは違うスイングになってしまうということです!

ショートサーブを出すためには、

「第1バウンドを自分のコートのネットに近いところ(又は真ん中のあたり)に落とす」

というのが一般的に言われています。

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは短くサーブを出す上では大切なことなのですが、

うまく出せない人は第1バウンドのさらに後の軌道までを意識してしまっている可能性があります!!

特に下回転のサーブというのはボールの底を捉えて打球するため、

ボールを前に送ろうという意識のせいでボールの後ろを押してしまう打ち方になり、

やりたい動きと実際の動きに違いが出やすいのです!!

 

イメージは◯◯だけでいい!

 

それでは、正確に下回転のショートサーブを出すためには

何に注意すれば良いのでしょうか?

僕はレッスンでお客様に、

「第1バウンド目だけをイメージしましょう」

というアドバイスをします。

なぜこういったアドバイスをするのかというと、

「ショートサーブはネットの近く、ロングサーブは自分の近くに第1バウンドを持ってくる」

と言われるように、

基本的に第1バウンドの位置にボールを正確にコントロールすることができれば、

第2バウンド目も大体はイメージしている場所に送ることができます。

つまり、自分のコートのどこでバウンドさせるのかだけを意識すればいいということですね!

それが、サーブを出すことを意識しすぎるあまり、

1バウンド目だけでなく、2バウンド目までの軌道もイメージしてしまうケースが多いです!

つまり、「ボールを前に飛ばさないと!!」という意識になってしまうわけです!!

この意識になってしまうと下回転をかけるためにボールの底を擦ろうと思っていても

ボールの後ろを捉えて擦らず押してしまう原因になります。

 

ボールの軌道をイメージする力が大切!

 

いきなりですがここでクイズです!

下の写真を見てください!!

下回転のサーブを出す際の第1バウンド目までの軌道が写真のような軌道だった場合、

第1バウンド目以降はA、B、Cのどの軌道になるでしょうか??

答えは、、、、、

 

 

 

Bです!!

「簡単だよ!!」って思った方、すいませんでした!

しかし、これは実は非常に大切なことなのです!!

自分が打ったボールがどのような軌道を描き、

どの地点でバウンドするのか、

そしてバウンド後にどのような軌道を描くのかをイメージする力

卓球においてとても重要です。

これがイメージできていると、

ボールを第1バウンド目までにどのように飛ばすかだけを考えれば

自然と思い通りのサーブを出すことができるようになります。

これはサーブに限ったことではありません!

例えば下回転のボールに対してドライブを打つ場合、

下から上にスイングをしてボールは上に飛びますが、

弧線を描き相手コートにボールを落下させなければなりません。

どれくらい上に飛ばせばどれくらいの飛距離になるのかがイメージできていなければ

ミスなくドライブを打つことは難しいでしょう!

卓球は、どんな技術でボールを打つ場合でも少なからず弧線を描いて飛んでいきます。

つまり自分がボールを打つ際に卓球台のどこにボールをバウンドさせるかは、

単純に打球点からバウンドする位置の直線距離で考えるのではなく、

弧線を込みで考えなければならないのです!!

下回転のサーブを出す際も、

自分がボールの底を擦って打ったボールが、

どのような弧線を描いて飛ぶのかをしっかりイメージできると

第1バウンドの位置が安定してサーブの成功率も上がります。

もし、普段あまり気にしたことがない方は、

卓球をするときに

「このボールってどんな軌道で飛んで行っているのかな?」

というのを少し意識してみてください!

それだけでボールの見え方が変わり、新しい発見ができるかもしれません!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

技術というより考え方の話になりましたが、

ちょっと考え方やイメージを変えるだけで

今まで掴めなかった感覚がいきなり掴めることもあります!

特に今回のテーマの下回転のショートサーブは初級者の方にとっては難関と言える技術です。

難しい技術ほど難しく考えてしまうと

断片的な考えに陥ってしまい、それが上達の妨げになる場合があります。

そのような時はあえて考えすぎるのではなく柔軟にイメージして

いろんな角度からその技術を見てみましょう。

そこに上達へのヒントが隠れているかもしれませんよ!

 

長くなりましたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

  1. 新加入コーチ情報公開最終回!宮城コーチのプレー動画ちょっぴり…

  2. 最短で試合に勝てるようになる!実践すべきたった一つの行動!

  3. 佐藤コーチの使用用具とは?/佐藤コーチの投稿

  4. 新入社員栗山の自己紹介!

  5. 新宿区の方必見!卓球は運動不足解消におすすめ!

  6. Funtable×Funball×Lili 合同座談会 カッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。