わかりづらいサーブのコツって?

こんにちは!Lili卓球スタジオの関です!

今年ももうあと少しですね、皆さん思い残すことはありませんか?

思い残すことがある人は来年は思い残さないよう頑張りましょう!

ない人は来年も継続して頑張りましょう!

今回は私が得意としているサーブについて解説していきたいと思います!

 

相手にわかりづらいサーブを打つコツ

サーブは、卓球において一番強い攻撃手段だと私は思っています!

そのサーブをわかりづらくすることによって、

サーブでの得点率や三球目攻撃の決定率を上げることができます!

 

皆さんはサーブをわかりづらくするとき何を意識していますか?

私がサーブをわかりづらくするときに意識していることは打つ前と後のモーションです。

どういうこと?と疑問を持った人もいると思うので詳しく解説します。

 

打つ前のモーション

まず、打つ前のモーションで意識することは、ラケットとボールが当たる前のスイングを、

回転、短長などを問わずできるだけ同じモーションでサーブを打つことです!

 

そこのモーションを同じにすることで相手はどの回転で来るか

ロングサービスかショートサービスかわかりづらくなるので、

迷いが出て反応が遅れてしまいます。

 

打った後のモーション

次にサーブを打った後のモーションについて解説していきます。

サーブを打った後のモーションはその回転と逆に向ける

台の下もしくは体で隠すなどをするとわかりづらくなります。

 

まず、回転と逆に向けるというのは下回転であれば回転をかけるときに

ラケットの面を上に向けて回転をかけますが、

その場合、ラケットからボールが離れたらラケットの面を下に向けて上回転のように見せます。

 

上回転も一緒でサーブ出した後に面を上に向けて下回転に見せます。

 

横回転の場合、上回転と下回転と同様な打ち方をするのは少し難しいです。

なので、私はラケットを台の下もしくは体で隠すということをしています。

さらにこの動きをする際、打った後の動きを速くすることで

相手にラケットの面を見られず相手は判断するのが困難になります。

 

これらをマスターするにはサーブ練習をする際、

自分が出したサーブの回転とは逆側に面を向けることを意識して練習に取り組んでみてください!

自分ではわからないという方は、スマホなどで撮影して確認しながら行うとより良くなると思います!

 

サーブで回転をかけるコツ

サーブで回転をかけるには、

ラケットとボールが当たる瞬間を早くする・トスを高く上げるなどの例があります。

 

ボールに当たる瞬間を早くすることによって回転がかかりやすくなります。

その時に擦らなきゃと思って力が入ってしまう人が多いと思います。

ですが、そこは力を入れすぎずに少し力を抜いた状態でサーブを出しましょう。

力を入れてしまうと力が伝わりにくくなってしまいます。

 

なぜトスを高くすると回転がかかるの?と疑問に思う人もいると思います。

トスを高くすることによってボールが落下してくるスピードが加わりより回転がかかりやすくなります。

 

そして擦る際、ボールを当てる位置にも注意してみてください。

右利きであればラケットの右側に左利きであれば左側を最初の接地面にすると回転がよりかかりやすくなります!

ラケットとの接地面が多いほど回転がかかりやすくなります!

 

最後に

サーブは卓球で一番最初の攻撃手段です。

今回の記事を参考にして頂いてサーブ練習に取り組み

わかりづらいサーブを身につけましょう!

 

もっとサーブがうまくなりたい!自分のサーブを増やしたい!

という方は、是非Lili卓球スタジオまでお越しください!

 

わかりやすくご指導させて頂きます。

スタジオでお待ちしております!

関コーチの予約はこちら

関連記事

  1. 練習では入るのに試合になると入らなくなる原因とは!

  2. 地元の福井県に帰省しました!!

  3. 怪我との付き合い方!

  4. 新宿区の方必見!卓球は運動不足解消におすすめ!

  5. サーブシリーズpart1(順横回転の基本について)

  6. 試合で今よりも1回多く勝つためにツッツキをマスターしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。