高橋コーチが考える試合前のメンタルについて

こんにちは!

Lili卓球スタジオの高橋です。

 

最近雨が多くて気分もブルーになってます(笑)

雨嫌いなんですよね・・・というのは置いといて

 

今日は僕が卓球で一番大事だと思うメンタルについてお話ししていきたいと思います。

 

卓球は「メンタルスポーツ」と言われるように、

試合においてメンタルがとても大きくプレーに作用してきます。

 

僕もよく部活の試合で緊張して練習通りのプレーができなかったり、

連続失点してしまうと相手に一気に流れを持って行かれたりして、

「お前はメンタルが弱いな」とよく言われていました(笑)

 

そこで、僕が実践してよく効いたり、意識していることを紹介していこうと思います。

試合で勝ちたいけどなかなか勝てずにいる、

練習通りのプレーが試合で出来ない、

と思ってる人は是非読んでみてください。

 

まず一つ目に、試合前に意識することがあります。それは、

相手が格上だろうと格下だろうと、常にチャレンジャー精神をもって伸び伸びやろう!

ということです。

 

相手が自分より強い人の時は、

後悔の無いように自分の持ってるもの全てぶつけようとあまり緊張せずに卓球をできる方が大半だと思います。

 

しかし、自分より弱い人だったり、自分と同じくらいの実力の人と当たる時、

試合前に「格下だから勝たなきゃやばい・・・」とか

「自分と同じくらいかぁ、勝てるかなぁ」といった不安を抱くと思います。

この不安が、緊張する1番の原因となり、少しでもリードされてしまうと「やばい!!!」という心境になりがちです。

 

そのためには、誰が相手でも常に「自分が格下でチャレンジャーなんだ」という意識を持ち、

1球1球しっかり集中して丁寧に入れていくことで、段々体も動き始めて緊張もほぐれると思います!

 

 

そして二つ目に、試合中にやる行動があります。

試合中に緊張したなと感じた時に、大きく深呼吸をすることです。

深呼吸をすることによって間を作れるだけでなく、

酸素を体内に巡らせることで今まで真っ白だった頭に酸素が巡っていき、

頭が働いて、次はどういうプレーをしようかなど考えることができ、流れでプレーしなくなります。

 

この2つが僕がお勧めする試合で意識する考え方です!!

1つ目は、常にチャレンジャー精神を持つこと

2つ目は、大きく深呼吸すること

です!

 

同じ実力の人に勝てない、練習通りの力が発揮できない方は、是非実践してみてください。

 

また、おまけとして、皆さんはマッチポイントとかでかっこよく決めたいなと思ったことはありませんか?

僕はよく思ってます(笑)

そういう浅はかな考えを持つと、コロッと逆転されてしまうので、泥臭く最後の一点をもぎとりましょう!

泥臭い一点もかっこいいですよ!

 

以上で今日のお話を終わります。

お読み頂きありがとうございました。スタジオでお待ちしています。

関コーチの予約はこちら

関連記事

  1. 卓球を始めたばかりの方へ!フォアドライブの基本をお伝えします…

  2. 【上手い≠試合で勝てる】意識の差から生まれるプレースタイルの…

  3. 佐藤コーチの使用用具とは?/佐藤コーチの投稿

  4. 怪我との付き合い方!

  5. カットマンが教える!『楽なカット打ち講座』

  6. 新コーチ長尾梨香の自己紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。