判断力向上教室ってなにやるの?

皆さんこんにちは!

Lili卓球スタジオの栗山です。

 

あっという間に11月も中旬になり、寒さが厳しくなってきました。

季節の変わり目で体調を崩さないように気をつけてくださいね!

 

Lili卓球スタジオは改装工事を経てリニューアルオープンしましたが、

皆様足を運んでいただけましたでしょうか?(^^)

壁、床を新調し、更衣室は男女別に別れ、受付場所も変わりました!

壁の色が白から青に変わりボールが見やすくなりましたね。

また、床の色も明るくなったので、壁が青系でも暖かみを感じます!

まだ来たことがない方も是非一度スタジオに遊びにきてください!

 

さて、今日のブログは今月30日(土)の16:45~18:45で判断力向上教室が開催されます。

判断力向上教室はそもそもどんなことを行う教室なのかを少しだけお伝えします!

※今後開催される場合でも毎回同じ教室を行うわけではありませんのでご注意ください。

 

判断力向上教室ってなにやるの?

判断力向上教室とは、その名の通り卓球を行う上での判断力を向上させる教室です。

 

判断と言っても様々な判断があります。

打てるボール打てないボールの判断、台から出るか出ないかの判断、回転の判断、ボールの変化の判断、

ドライブを打つかスマッシュを打つか、ツッツキをするかストップをするか選択する技術の判断等々たくさんあります。

 

卓球というスポーツは、常に何かを判断をしながらプレーを行っているといっても過言ではありません。

ですが、そんなに難しく考えないでください!

もちろん、正確な判断が必要な場面も必ずありますが、

多くは判断ミスをしないためのコツやポイントがあります!

それは見て考えるだけではなく、もっと違う部分に潜んでいます。

 

そこで、今回の教室では様々な判断力を求められる中から、

特に初中級者の方は判断できると良い

私が考案した判断力が向上する練習を3つ実際に受けていただきます!

 

正確な判断をするためのポイントもお伝えします!

教室へ参加を検討されている方は是非目を通していただけると光栄です。

※今回の教室内容はあくまで一例であり、今後同じ教室が開催されても同じ内容を行うわけではありません。

 

打てる打てないの判断

まずは、打てるボールと打てないボールの判断です。

打つ打たないではなく、打てる打てないの判断です!

 

卓球はサーブレシーブから始まり、

ツッツキやストップなどの台上のしのぎ合いからどちらかがドライブをかけて、

大きなラリーへ展開されることが多くあると思います。

 

ラリーになる前のツッツキで、どちらもツッツキで繋げてしまうなんてことはないでしょうか。

いつ打っていいか分からなくなってしまい、先に打たれてしまったり、

タイミングを誤って打ち急いでミスをしてしまうといったミスにもつながります。

そういったミスを無くすためにも、

打てるボール、打つのが難しいボールの判断をしっかり行うことが大事です。

 

教室では僕が考える打てるボールと打てないボールを見極める練習を、

ポイントを交えながら実際に行っていただこうと思います!

 

ボールとの距離の判断

次は相手が打球したボールが、

その時構えている場所から横の直線でどのくらい離れているのかの判断になります。

 

この判断がうまくできないとどうなるか分かりますか?

余計な動きをしてしまい、戻りが遅くなったり良いボールが打てないということに繋がってきます。

 

そのため、ボールが来たときに自分がいる位置とボールとの距離を瞬時に判断することも非常に重要です。

これも判断するためのポイントがちゃんとあります!

 

正しく動くためにはフットワーク力も必要になりますが、

その前に大事なポイントをお伝えし、ボールとの距離を判断して、

無駄のない動きで打てる練習を行っていただこうと思います!

 

 

回転の判断

最後は回転の判断です。

今回は主にレシーブです。

初中級者の方がつまづいてしまうのが、下回転なのかナックルなのかの判断ではないでしょうか。

 

この判断は、様々な判断でも特に難しい判断です。

何故かというと、相手が自由に回転をコントロールしている上、

サーブのフォームや打球後のフェイクモーションなど出す人によって変わります。

ボールが来る前に手元に来る前に、必ず相手のサーブのフォームが目に入ってしまう以上、

先にそっちで回転の判断を勝手にしてしまうから難しいのです!

 

ですが、下回転とナックルとでは回転が違うので、

判断できるポイントがいくつかあります!

それを皆様にお伝えしようと思います!

 

少しでもポイントを理解し、

下回転とナックルで判断を間違えないようになっていただきたいです!

 

最後に

以上、3つのことについて教室では皆様に実践していただこうと思います!

 

どの練習でもすぐに判断できるようになると言い切ることはできません。

経験で判断できてしまう部分もあります。

 

ですが、ポイントを理解して練習するのと、

何も意識しないで練習するのとでは質が変わってきます。

 

判断力向上教室で卓球に必要な判断力を身につけましょう!

是非お待ちしております!

ご予約はこちらから

 

 

 

関連記事

  1. いいドライブを打ちたい!1つの遊びで理解する力の伝え方

  2. 卓球を始めたばかりの人へ!下回転サーブの切り方とは!

  3. サーブシリーズpart2(サーブの変化について)

  4. 卓球ダブルスの基本の動き方について

  5. 新コーチ村田 瞳の自己紹介!

  6. サーブシリーズpart3(順横回転を出せるようになると?)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。