卓球業界内での転職に踏み切りました

みなさんこんにちは、

Lili卓球スタジオの石川朔(はじめ)です。

 

今回は自己紹介、というか

なぜこのキャリアを選んだのかという

ことについて話したいと思います。

 

そもそも何故卓球業界に入ったのか

 

前職も私は卓球関係の企業に勤めていました。

 

そこでは学生の頃からのアルバイトなども含め、

約二年間働かせていただきました。

 

北海道で生まれ育ち、

進学校に通い、北海道大学を卒業しましたが、

卓球業界へ。

 

周りでは応援してくれる人もいれば、

なぜそんなよくわからないリスクを取るのか?

と考えている人もいたと思います。

 

そもそもなぜそんな選択をしたのか、

自分でもあまり覚えていません。

 

まあ簡単に言うと、好きなことを仕事にしてみたかった。

社会人になって一番何に時間を使うと言われれば、

殆どの人が仕事になるでしょう。

 

ここは人それぞれの考え方だと思いますが、

自分の時間をそれだけ使うなら楽しいことをした方がいいに

決まってると僕は思っています。

 

勉強は自分で言うのもなんですが

それなりにできていたので、

周りの人間のすすめで学力がそれなりに高い

学校に進学しました。

 

進学先はどこも楽しく、

実際良い時間を送れていたと思います。

 

ただ、なんというか就職活動をこれからするという時に

このままレールに乗って普通の大企業に入り、

社会人生活を送るという

イメージがあまり湧きませんでした。

 

基本的にほっといても何かをやりたがって動くタイプなので、

あまりガチガチに固められた環境に適性がある気もそこまでしなく、

何より先ほど述べたように楽しいことをしたい。

 

もちろん大手でも主体的に動きやすく、

楽しいところはいくらでもあると思います。

 

ただ、なんというか個人が埋没してしまうというか、

そんなイメージをどこか嫌がっていたのかもしれません。

 

結局は目立ちたい、自分の名前で生きてみたかったんだと思います。

 

選択肢を狭めないために

 

卓球業界に就職活動をする際、

両親は快く応援してくれました。

 

小さい頃、親に何故勉強する必要があるのか聞いたのですが

それは「自分の選択肢を狭めないため」と言われて育ちました。

 

結局勉強(学校でもいいし趣味でも)

していかなかった時に何が起こるかというと

自分の進路が限られます。

 

ほんとはこういう事をしたい、

あの職に就きたい、

でもスタートラインにも立てない。

 

そういうことも起きるんです。

 

今思ってもやはり勉強はしておくに越したことはないと思います。

 

そして本当に自分の好きな道、

卓球業界に就職しました。

 

前職への感謝

 

前職のYouTubeは昔から見ていたし、

とても活動的なイメージがある、

そんなところに惹かれたのでしょうか。

 

通常の採用試験を受け、

縁があって入社することができました。

 

社風はとても自由で基本的に

社員の自主性に任されています。

 

勉強したければ勉強できる、

そんな環境を提供していただけたので、

本当にありがたかったです。

 

自分もそうなのですが、

やりたがりの人間にとっては

最高の環境に近いと思います。

 

前職にはたくさんの事を学ばせてもらい、

感謝しています。

 

Liliへの転職

 

ではなぜそこからLiliに転職したのか?

 

一つは、また変化を自分に求めていたからです。

 

前職での活動もとても楽しい、

環境も与えられている。

 

ただ、このままここにい続けて

いいんだろうか、という感覚がありました。

 

一つの場所に留まるという事は、

結局同じ角度でしかモノを見られないことに

繋がりかねません。

 

もっと挑戦したい、違う角度から卓球業界に携わりたい、

他の人にできない選択をしてみたい、

そんなところがあったんだと思います。

 

そして会社に辞める旨を相談し、

そこから転職活動を進めていきました。

 

幸運なことにお話の機会をいくつかいただき、

その中で村田さんのお話を伺う機会がありました。

 

その話から感じたことは、

村田さんの人間力とワクワク感、

そして自分の力を役立てられるかもしれない

という気持ちでした。

 

今までは自分や自社のためにやっていたことを、

卓球をメジャーにするための力にできるかもしれない、

そう感じました。

 

そのあとは即決です。

すぐにLiliに入ることを決めました。

 

終わりに

 

というのが、今回の転職の流れです。

 

なかなかうまく説明できていませんが!

 

正直何の参考にもならない話だと思いますが、

こういったチャンスに出会えるか、また好きな事をやれるかどうかは

結局は以下のことによってくると思います。

 

一つは、行動する、とりあえず手を動かすことです。

世の中だいたいの人が口は動かしますが

手を動かしません。リスクを取らないです。

失敗を省みず手を動かし続ける人が結局結果を出します。

 

二つは、人間性です。

これは自分自身ではなく、周りの成功している方を

見ての思いです。

 

オンラインでもオフラインでも

最終的には生身の関わり合いが存在してくることが殆どです。

そこで魅力のある人間はさらに大きなチャンスを掴むし、

逆に何かあった時には周りが助けてくれます。

 

そんな古臭くて当たり前のことなんてわかっているよ、

という方も多いとは思いますが、

社会人になってからしみじみこの部分の大切さを感じています。

 

 

とまあ、深夜テンションでつらつらと書いてきましたが、

なかなか濃い文章が書けない、難しい。

 

まだまだインプットもアウトプットも足りていないのでしょう。

 

次回にこういった文章を書くときは

もっといい文章を書けることを祈って筆をおきます。

これから頑張っていくのでよろしくお願いします。

 

PS:コーチや企画もバリバリやっていくので興味のある方はぜひ来て下さい。

関連記事

  1. 新入社員栗山の自己紹介!

  2. 新入社員 久木盛矢の自己紹介と用具紹介

  3. サーブシリーズpart3(順横回転を出せるようになると?)

  4. #Part1勝利へ導く3種類のバックハンド

  5. カットマンが教える!『楽なカット打ち講座』

  6. サーブシリーズpart2(サーブの変化について)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。