順横下回転サーブの効果とは!?

こんにちは!

Liliの櫻井です。

 

前回のブログでは「順横下回転のサーブの種類」についてお話をしていきましたね!

皆さん読んでくれました?笑

私、試合中に同じようなサーブに見えていくつもの種類のサーブを使っていたんですよ!

1種類のサーブでは何度も横下回転を落とすこともないですし、

なにより1種類では簡単に返され、なんでもされてしまいます。

いくら回転量の凄い下回転でも、

はっきり「このサーブは下回転だ」と思われるとレシーブは簡単に返されます。

そこまで深く考える必要がないですからね。

「横回転かも」「横上回転かも」とほんの少しでも頭の中で意識させ、

1センチラケットの角度が変わってくれればいいのです。

その1センチずれたラケットの角度によって簡単にネットミスを誘うことができます。

それだけ卓球は回転に敏感なスポーツですし、回転による影響は強いものなのです。

 

今回のブログでは、

サーブからの展開を作っていくために知っておかなければならない、

「サーブについての効果」

について書いていきたいと思います。

サーブの展開を作るためにも自分自身のサーブを出すことでどのような効果があるのか、

どのような返され方をするのかを待つことができなければなかなかサーブからの展開を作ることは難しいです。

 

いくら凄いサーブでも1種類のサーブしかなければ、

サーブを試合の終わりまで効果的にすることはできません。

 

サーブを武器とするためにも、サーブの効果について今回のブログではお話をしていき、

次回のブログにでサーブを出した後の3球目攻撃などの展開について書いていきたいと思います。

それぞれの順横サーブの出した時の相手への効果

 

それぞれの3種類のサーブが出せるようになったら、

次にそれぞれのサーブを出すことによってどのような効果のあるサーブになるのか、

やはりいろんなサーブを覚えても具体的にどのように相手に効果があるのか、

サーブの本質を知らなければサーブ後の3球目攻撃や5球目攻撃などに繋げることが難しくなってしまいます。

一つ一つのサーブの効果、変化によって相手がどのようにレシーブをしてくるのかを知っていき、

自分のサーブからのどのように攻めれば得点になりやすいのか、

いくつかパターンを覚えておき、徐々にサーブからの試合展開を得意にしていく事が重要になります。

下回転の強い横下回転を出した場合の効果

下回転の強い横下回転を出した場合は、下回転が強いため相手がレシーブをして来た際は、

下回転が強く残ってレシーブが返って来ます。

なのでサーブを出したこちらとしては、サーブを出したらツッツキ系のレシーブが返って

来る状態で待つようにして下回転に対してドライブ系の技術を行う準備をしましょう。

下回転が強いので基本的に相手にレシーブからフリックやチキータ、

台上バックドライブをされにくいため、ストップ、またはツッツキが返って来やすくなります。

この時、ストップかツッツキが8割ぐらいになるのですが、

自分のサーブの回転量と相手の技術力を比較し、

自分の出すサーブによって相手が台上技術を行えるレベルなのかどうか、

またはツッツキやストップしかできないのか、ツッツキしかできないのか、

もしくはとりあえず角度を合わせて入れるだけのレシーブしかできないのか・・・

下回転の強いサーブを出すことで相手の情報をかなり引き出せるサーブになります。

また、フェイクモーションが入って横回転の方が強いサーブに見せることができた場合は、

角度を合わせてレシーブをしようとした時にボールの横を捉えることになるので、

頻繁にネットミスを起こさせやすいサーブにもなります。

上記のことを行うにあたってはフェイクモーションが必要不可欠となりますので、

必ずしもそうなるとは思わないよう注意してくださいね!

横回転の強い横下回転を出した場合の効果

横回転が強い横下回転を出した場合は、真下を捉えるようにしてツッツキをしたり、

気持ち面を上に向けてボールを捉えると横下回転といえど横回転が強いサーブとなるので、

気持ち浮きやすくなります。

しかし打球する瞬間のラケットの角度などもボールの横を捉えているので、

見た目でも横回転が強いとわかりやすく、

相手は自然とボールの横を捉える角度でボールを触りに来るので、

横回転に対してきちんとラケットの角度を作れる人の場合だとレシーブは浮くことなく返球されます。

しかし横回転に対してレシーブがあまり角度が作れなく、

ボールの横ではなく下辺りを捉えてくる人に対しては有効的なサーブです。

また、横回転が強いため横下回転と横上回転の区別がしづらく迷いやすいサーブでもあります。

横回転の強い横下回転でも横上回転と見間違えて真後ろを触りにいくと落ちやすいサーブになるので、横回転の強い横上回転も上手く織り交ぜてサーブの出し方を工夫していかなければなりませんね!

ジャイロ系の横下回転を出した場合の効果

ジャイロ系のサーブを出した場合はサーブ自体の変化がとても強く、

バウンド後に大きく曲がるようなサーブとなります。

また、回転軸が通常の順横回転と違います。

右利きの方が通常の順横回転を出した場合は、

基本的にボールの右側を捉えるようにしてレシーブ側の方は捉えることができると、

相手の回転によって横へ弾かれることなく真ん中へレシーブをすることができるのですが、

ジャイロ系のサーブを右利きの方が出した場合、ドリルのような回転に近い回転で反時計回りの回転をしながら飛んでくるようなサーブになるので、ボールの下を捉えて触ろうとした場合、少しボールが左の方向に飛んでいきます。

完全にジャイロ回転のサーブのであれば左方向に飛んでいくのですが、

完全にジャイロになるサーブは指を使って回転を生み出して当てなければ出ません!笑

そんなサーブは現在禁止なので、限りなくジャイロに近いサーブということになります。

あくまでジャイロに近い回転軸のサーブとなるので、

本来順横回転であれば触った場合右へ飛んでいくのが通常ですが、

回転軸が違うので、右へは飛んで行かず気持ち左に飛んでいく回転となります。

またジャイロ系となるとツッツキがとてもやりにくいサーブです。

やはり回転が通常と違うので、ジャイロ系の横下回転でも真下を捉えるようにして

ツッツキをすると浮いてしまいやすいというのが特徴です。

しっかりとボールの斜め上を捉えるようにしてフリックをしても落ちてしまうので、

ボールの真後ろを捉えるようにして触らなければなりません。

横下回転と横上回転の区別がしにくいのですが、

どちらのサーブもフリック、台上バックドライブされやすいサーブとなりますので、

待ち方に注意しなければなりませんね!

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

なんとなく自分の出すサーブの回転によってどのような変化が起きてボールが返ってくるのかイメージは掴めましたか?

「サーブが上手くなりたい」

ということは「サーブの種類を増やす」「回転量を増やす」「わかりにくくする」

様々な上手くなりたい理由がありますが、

どれを取っても必ずサーブ後の展開が一緒についてきます。

その時に自分の出すサーブによってどのような効果があり、

どのように変化してボールが返ってくるのかは知っておかなければなりません。

何度も何度もサーブを出して3球目の練習をすれば考えなくてもなんとなく理解し、

ボールを打つことは可能ですが、

練習前から頭の中でシミュレーションができていれば上達のスピードも全然違います。

ミスをした時にもなぜミスをしたのかという原因を知れる要素でもあるので、

やはり練習前からある程度どのようなことが起きるのかは知識を知っておくことによって、

サーブの効果、変化を知らない人と同じタイミングで練習を始めた場合は成長スピードが全く違うので、

是非サーブの効果、そこからの変化を知っておいてください^^

 

次回は、

私が実際に試合で使っている「サーブを出すパターン、展開」をお伝えしたいと思います!

 

それではまた!

関連記事

  1. サーブシリーズpart3(順横回転を出せるようになると?)

  2. 試合で使えるレシーブ戦術!逆転の発想で相手を崩せ!

  3. サーブシリーズpart1(順横回転の基本について)

  4. (後編)卓球が強い人、強くなる人の殆どが行なっているある1つ…

  5. Part2 初心者・中級者が強くなるために行なっている事

  6. ライブで聞かれた質問に答えます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。