カットマンが教える!『楽なカット打ち講座』

皆さん、こんにちは。

 

 

Liliの久木です。

 

 

卓球を続けていると必ず壁に当たる時期があると思います。

 

 

そう、カット打ちです。

 

 

今回は、そんな皆さんのお悩みを解決するために

 

 

カットマンが教える「楽なカット打ち」をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

カットマンとは

カットマンとは、カットという技術を使ってボールに強い下回転をかけて相手

 

のミスを誘う戦型で、昔のカットマンの基本的は守りを徹底しています。

 

しかし、カットマンが現代の卓球についていくには攻撃も必要となってきて

 

おり、カットマンでも攻撃の的確さが求められるようになってきている。

 

カットマンの技術であるカットとは、上回転のドライブボールに対して下にスイングして

 

ボールに下回転をかける技術です。

 

カットマンのレベルが上がるにつれて、カットに横回転を混ぜたり

 

ナックルにしたり、深いコースや短いコースへの振り分け

 

早いカット、遅いカットまで変化させることができます。

 

カットマンに多いラバーの組み合わせとそれに伴う変化

 

カットマンで1番多いラバーの組み合わせは

 

フォア側が【裏ソフトラバー】バック側が【粒高ラバー】であることが多いです。

 

バックが粒高であることによってよりカットを安定させることができて

 

相手に取りづらい変化をつけることが出来るからである。

 

しかし、粒高は自分から回転をかけることが難しいので

 

相手のボール次第ではチャンスボールになることも多い。

 

 

2番目に多い組み合わせは

 

フォア側が【裏ソフトラバー】バック側が【表ソフトラバーの組み合わせ】

 

バック側が表ソフトの場合、粒高よりもカットは押さえにくくなっています。

 

理由としては、表ソフトは自分から回転の変化はかけられるが

 

回転がかけられるということはラバーに引っかかるということ

 

つまり、相手の回転の影響を受けやすいということです。

 

使いこなしたカットマンであればナックルも切れたカットも自在に出せるので

 

非常に戦いにくい相手となるでしょう。

 

ラバーによって球質が変わってくるのでそれぞれに対応しなければなりません。

 

次にラバーの種類によってカットがどのように変化していくかを

 

詳しく紹介します

 

裏ソフトラバーのカット

ボールの回転量は1番多いです。ナックルも切れたカットも両方出せる

 

ラケットに当たる瞬間にラバーとボールに引っ掛かりが生まれるので

 

回転の利用をしやすく同じようなスイングで切れるカットとナックルカットが出せる

 

粒高ラバーのカット

1番安定性があり、ボールの回転をそのまま返球することができる

 

しかし、相手のボールの回転量に自分の回転量も依存するので

 

自分から回転量の変化をつけることは難しい。

 

 

表ラバーのカット

ナックルカットや切れたカットの変化を自分でコントロールしながら

 

相手の回転量に依存せずにカットができる、

 

スイングでは変化の見分けがつきにくいので

 

ボールの軌道などで見分けることが多い

 

楽にカット打ちをする方法

今回は「裏ソフトラバー」でのカットに対するドライブに絞ってお伝えします。

 

みなさんの悩みであるカット打ち、なぜ持ち上がらないのか?

 

なぜネットミスをしてしまうのか、足方の動かし方は?

 

そんな、悩みを今回は一つずつ解決していきたいと思います!

 

 

 

 

 

カットが上がらない原因

 

まずは最初に、カットが上がらない原因を知りましょう。

 

では、なぜ下に落ちてしまうのか考えてみましょう。

 

みなさんが、カット打ちを教わる時に

 

「ボールが来るのを待ってから打つ」と教わることが多いと思います

 

確かに、ボールを待つことは間違いではありませんが

 

一つ勘違いしているところがありませんか?

 

「ボールを待つ」=「打球点を下げる」ではありません。

 

ボールを待つんだから打球点が落ちるのは仕方がないと感じるかもしれませんが

 

私の考えでは、「なぜ、打球点が下がってしまう位置まで自分が後ろに下がっているの?」です。

 

カットマンが打球する、ほとんどを占めるのはカットです。

 

強打をすることはほとんどないでしょう。

 

その状況で後ろに下がる必要があるのでしょうか。

 

答えは「NO」です。

 

 

 

むしろ、台の近くにずっといる意識でないといけません。

 

なぜなら、カットしたボールのバウンドは

 

通常のバウンドよりも飛んでこないからです。

 

通像よりも飛んでこないのに下がっていてはカットが持ち上がるはずもありません。

 

 

最初の段階で徹底すること

 

まずは、ボールを薄く捉えることを徹底しましょう。

 

ボールを薄く捉える理由は

 

下回転を捉える際にボールに対してラケットが強く当たってしまうと

 

ラバーのスポンジまで食い込んでしまい下回転の影響を大きく受けてしまい

 

ネットミスが多くなってしまいます。

 

カット打ちが苦手な人はこのようにボールを厚く捉えてしまっている方が多いです

 

しかし、薄く捉えた場合はスポンジまで食い込むことはなく

 

下回転の影響は受けにくいです。

 

その際に大事になってくることがスイング方向です。

 

 

 

では、スイングに関して伝えていきたいと思います。

 

これも多くの人に見られるのですが

 

「持ち上げる」ことと「強く打って飛ばすこと」を一緒にしてませんか?

 

「強く打球して飛ばす」場合のスイング方向はバックスイングを後ろにとって

 

自身の顔の前あたり前方斜め上にスイング方向がいきます。

 

先ほどお伝えした、ボールを厚く捉えてしまう方の多くはこのスイングになっていることが多いです

 

 

「持ち上げる」場合のスイング方向はバックスイングを膝のあたりまで下ろして

 

自身の頭の上にラケットが来るように、ほぼ上方向にスイングがいきます。

この時の、ボールを薄く捉えるコツですが

 

ラバーのシートとスポンジがありますよね?

 

そのスポンジまで食い込ませずに表面のシートだけで

 

擦り上げるようなイメージでスイングすると良いです!

空振りが多くなる原因

 

上記でお伝えした方法でカット打ちをするとカット打ちだけではなく

 

下回転系のボールすべてが格段に持ち上げやすくなります。

 

しかし、ほぼ垂直にスイングして、なおかつボールをラバーの表面だけで

 

薄く捉えようとしているので当然空振りが多くなってくると思います。

 

そこで必要になってくるのが足の動きです

 

この足の動きこそが空振りを少なくする大きなポイントなので

 

カット打ちはできるけど空振りが多いという人はここを重点的に意識してください

 

 

足の動かし方

 

では、足のうごか仕方について説明していきたいと思います。

 

今から説明する足の動かし方は、皆さんが習ったことのあるカット打ちとは

 

違う動きだと思いますので少々驚かれるかもしれません。(笑)

 

僕がカット打ちに最も適していると考えている足の動かし方は、

 

ズバリ・・・

 

「逆足」です。

 

では、逆足とは何?というところから説明していきます。

 

普段フォアドライブを打つ際に左足が前、右足が後ろだと思いますが

 

逆足の場合は左足が後ろ、右足が前になります。もしくは平行足です。

じゃあ、逆足でカット打ちをするメリットってなんなの?となりますよね。

 

通常のドライブの場合は先ほども書きましたように

 

左足が前、右足が後ろです。

 

では、なぜその方が打ちやすいのかを考えたことはありますか?

 

上回転だからボールがバウンドしても自分の位置まで飛んできてくれるから

 

ドライブが打ちやすいのです。

 

ではカットでは?

 

カットの軌道はバウンドした時に大きく変化します。

 

どのように変化するかというとボールが少し止まります

 

止まると言ってもピタッと止まるわけではありません!(笑)

 

通常であれば、自分の打ちやすい場所まで飛んできてくれるのに対して

 

カットの場合はそこまで飛んできてくれません

 

つまり、自分が打ちやすい位置まで動かないと不十分な体勢で打球することになってしまうのです。

足を出すタイミングと場所

 

次に足を出す場所とタイミングを詳しく説明していきます。

 

足を出す場所はボールが飛んでくる軌道を予測して

 

その軌道の延長線に右足の甲を持ってくるようにしましょう。

 

タイミングとしては、相手がカットをしてくるコースがわかった瞬間に

 

右足を動かして少しずれていた場合は微調整をおこなってください

 

打球したらすぐにニュートラルに戻るようにしましょう。

 

カットのボールは通常のボールよりも遅いですが

 

自分自身の動きの早さもボールのスピードに合わせて動かないように

 

意識しましょう

 

楽にカット打ちをする時に生まれるメリット・デメリット

 

この「楽にカット打ち」をする際のメリットは

 

何と言っても簡単に下回転が上がる!

 

余分な力は入れなくても良い

 

体力の温存をしながら攻撃的な展開ができる

 

コースの変化が非常につけやすい

 

ボールへの緩急がつけやすい

 

 

「楽にカット打ち」をする際のデメリットは

 

基本的に柔らかいボールなので攻撃的なカットマンは打ってくる

 

足が動いてないと安定したボールが送れない

 

力が入りすぎているとうまく決まらない

 

しっかり上に振らないと楽にカット打ちできない

 

まとめ

 

・ボールを薄く捉える

 

・スイング方向は上に振る

 

・足の動かし方は逆足にする

 

 

以上の3つのポイントを抑えた上でカット打ちの練習を重ねていけば

 

 

前までのカット打ちが嘘のように持ち上がるようになります!

 

 

「もっと詳しく知りたい!」「ここがわからない!」という方は

 

 

私のレッスンまでお越しください!

 

 

今回のブログよりも詳しく、より明確に説明できることは間違いないです(笑)

 

興味がある方は是非!

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております!

 

それでは。

関連記事

  1. ライブで聞かれた質問に答えます!

  2. (後編)卓球が強い人、強くなる人の殆どが行なっているある1つ…

  3. 櫻井が試合で使っている順横回転からの攻撃パターンをご紹介!

  4. 卓球を始めたばかりの方へ!フォアドライブの基本をお伝えします…

  5. 卓球ダブルスの基本の動き方について

  6. 卓球の練習や試合で陥りやすい2つの落とし穴とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。