卓球を始めたばかりの方へ!フォアドライブの基本をお伝えします!

卓球初級者の味方!ピンレモです。

この春、学校の部活で、新しい環境の集まりで、新しい趣味として卓球を始めた方、多いんではないでしょうか?

卓球を始めて、フォア打ち、バック打ちと基本的なことから習い、
慣れてくると卓球の醍醐味であるボールに回転をかけるという技術に進みます。

ここで身に付けるのが、ドライブです。

向かってきたボールに、自分の力で強い順回転をかける行為がドライブ。

このドライブの中でまず最初に習うのがフォアドライブではないでしょうか。

初心者にとっては最初の壁になりやすく、
経験者にとっても悩みの種になりやすいフォアドライブ。

初心者の方でもわかりやすく基本的なことをまとめた動画があるので、是非ご覧ください。

フォアドライブを打つ際のポイントとは。

動画ではフォアドライブを打つ際のポイントとして、
・ボールが来るまでの準備段階
・ボールを打つ段階
・打ち終わった段階
と、段階に応じて以下のように伝えています。

<ボールが来るまでの準備段階>

・卓球台から1メートル程度離れる
・肩幅より少し足を開いて、膝は軽く曲げる
・利き手とは逆の足を半歩程度前に
・スイングの始動は腰、または肘から行い、肘は伸ばさない
・バックスイングは少し腰をひねる程度で、大きくとりすぎない

<ボールを打つ段階>

・ボールの真後ろを捉えるために、少しラケットの面は外側にひらく(対角線上の相手に面が向くように)
・ボールの斜め上をスイングして当てる
・打球するときのラケットの角度は少しかぶせる程度(台に対して60度くらい)
・ラケットのボールを当てる場所はラケット真横でも真上でもなくその中間
・打球するポイントは体よりも前(体の真横や後ろで当てないように)
・ボールがバウンドして頂点で打球する
・フリーハンド(ラケット持っていない手)はスイングとクロスさせるように内側に

<打ち終わった段階>

・弾道はある程度直線的になっていることを確認
・フォロースルーはラケットが顔の前にくるのが理想
・打ったらすぐに戻す

<その他>

・体重移動は100%溜めて、100%放出する訳ではない(溜めは少し体重を乗せる程度で十分)
・バウンド後頂点で打てるように、ボールが来た場所へ足を動かす

 

トップレベルで卓球をしている(していた)当スタジオの村田コーチ、櫻井コーチ、特別ゲストの森下選手。

動画を見てもフォームが美しいとわかりますね。

撮影中もミスなく、とても安定している&威力のあるドライブを打っていました。

個人の体格もあるので若干の違いがあると思いますが、
上記にまとめたポイントが全てできているからこのようなドライブが打てるんですね。

 

初心者が気をつけるべき3つのポイント(ピンレモ体験談)

さて、基本的なポイントは前項で記載した通りですが、
このままでは単なる動画要約になってしまうので、
初級者ピンレモの経験を、参考にならないかもしれませんがお伝えします。

まず、私の現在のフォアドライブをご覧ください。

一応、それらしくできるようになったかな?
村田、櫻井、森下選手とは比べても失礼なレベルですがある程度は打てるようになりました。

まだまだですが。。。

しかし!最初は3球も続かなかったことを考えると進歩!

 

できなかった頃は以下の点がダメだったのかなって思います。

1)100%で振っていた

もう文字通りです(笑)

「強い回転をかけなきゃ!」
「ラケットの面を少しかぶせるから、弱く打つとネットしちゃう!」

そんな想いもあって、90〜100%で打ってました。チャンスボールじゃないのに。

これではもちろん安定しません。

卓球を始めてしばらくしてわかったこと。それは、

上半身は力む必要ないんだ

ということ。

色んなコーチに、「練習や試合で一番意識してる部位ってどこ?」と聞いたら、
もうほぼ100%「足を意識してる!」と返ってきます。

私は腕力だけ意識してました(笑)

コーチ陣ももちろん上半身の力を利用していますが、意識は足。
上半身で頑張ってスイングするんだ!というのはドライブにおいては必要ないってことですね。

今は、足!足!腕は3割!3割!という意識でやってます。

 

2)ボールを見過ぎてた、待ちすぎていた

動画でも言っていましたが、
打球するポイントは身体の前というのが重要です。

私は、ボールを見すぎていて、打球するポイントが身体の横でした。

身体の横だと視界から外れているのもあり、空振りが多かったです。

フォームは間違ってないはずなのに。
ラケットの角度も合ってるはず。

そう思いながらジュニアの時間に子供たちと練習していたことがあります。

そんな時、ジュニアの子に、

もうちょっとタイミング前で打ってみたら?

と言われ、しぶしぶやってみると。。。

 

あら不思議、びっくりするくらい安定しました(笑)

打球するポイントは身体の前

これ、とっても大事です。

ドライブが安定しない場合は、いつも以上に早いタイミングで打ってみましょう。

 

 

3)振ることだけを考えて、振った後の戻りを考えてなかった

私の中では現レベルでは最重要ポイントです!戻り!

この戻りまで含めてフォアドライブだと思わないといけません!!

スイングした後のラケットの戻りが遅い、またはラケットを元の位置に戻さない。

こうなると、動画で教えてくれた準備段階がそもそもできないです。

どうしてもスイングすることに意識がいってしまうドライブ。

スイング以上に戻りを大事にしなければならないと思います。

自分が打ったドライブは、イメージしている以上に速く、伸びて返ってきます。

普通のフォア打ちと同じように戻っていたら、遅れます。どんどん遅れます。
すると、気づいたら身体より前のポイントで打てません。
そして、足も動きません。準備できていないですから。

戻りについては、以下の動画も参考にしてください。
戻りが早くなる練習としておすすめです!

 

というわけで、ピンレモの経験談を含めてフォアドライブについて書きました。

ちょっとでも参考になると嬉しいです。

スイングについてもう少し詳しく知りたい方は、
村田が以下の記事で詳しく書いているので是非ご一読を!

正しいスイングを身につけるために意識する2つのポイント

 

それでは、皆様の卓球ライフがより充実しますように!

関連記事

  1. #Part1勝利へ導く3種類のバックハンド

  2. 卓球ダブルスの基本の動き方について

  3. 新入社員 久木盛矢の自己紹介と用具紹介

  4. 卓球の練習や試合で陥りやすい2つの落とし穴とは?

  5. 栗山流!サーブの極意!

  6. 試合で自分の力を最大限発揮するために重要な準備とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。